転職を決めたきっかけは自分らしく働きたいと言うこと

転職を考えたのは、この職場では「自分が潰れてしまう」と感じたからです。
自分が自分らしく働きたいと言う気持ちを強く持っていました。
その職場では自分らしくいられることは出来ず、毎日転職を考えるような状態でした。

その当時は周囲に上手く利用されてしまったり、嫌なことを押し付けられてしまったり、私がやっていないミスをなすりつけられたり、嫌がらせとも思える行為をしてきて、心身ともにボロボロにされました。

最初のうちは相手を立てようと嫌なことを率先してやったり、休日変更に応じたり、とか自分なりに相手に合わせて対応してきたつもりでしたが、相手からすると嫌なことは全てこの人に任せれば良いと思ってしまったようで、嫌なことや面倒なことを全て押し付けられ、自分の業務を邪魔される毎日でした。

そんな毎日に疲れてしまい、もともと希望していた業種への転職を考えるようになりました。
当時勤めていた職場は接客業で休みも不定期で、かつ休みの変更に対して緩い職場だったので好き勝手に休みを変えたりしていました。
一見して良いように見えますが、自分の休みをつぶされてしまったり、相手の都合で自分も行動しないといけないので振り回されることになり、自分の要望を出せる状態ではありませんでした。

周囲に振り回されるのにうんざりして、自分の業務に集中出来る環境で仕事をしたいと本気で考え、転職を決めました。

人間関係で転職を決めるは良くないとかマイナスのイメージを持たれてしまうので、面接では「もともとやりたい業種だったこともあり、働いてみてやっぱり挑戦したいと思ったので志望した」と前向きな理由を述べるようにしました。
実際に、やりたい業種があって、それに向かって資格を取得したり転職活動をしていたので、前向きな転職なんだとアピールできることを準備して面接に挑みました。

退職した理由は人間関係で「自分で努力して改善出来るだろう」と思われることかもしれませんが、自分らしく働くことが出来ない職場では自分自身がどんどんダメになり、普通の生活もまともに出来ない状態でした。

以前からやってみたい業種があり、そこに憧れがあり、利用されっぱなしの状態から自分を替えたいと前向きな気持ちで転職をするんだと心にとどめて転職活動をすると、自然とやる気も出て、利用されぱなっしの環境から早く脱出したいと言う気持ちで転職活動にも身が入りました。

自分が心身共にボロボロになってしまうような場所で我慢して働くよりも、自分らしく、業務に集中出来る環境で働ける場所へ転職を考えること、派遣会社や転職エージェントなどの第三者を活用して、自分がどういった環境で働きたいかを相談しながら、転職活動を進めていくと一人では出来ないことも出来るようになりました。

医師 転職

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です